ビタミンKクリーム

MENU

顔が赤いのが悩み

私は子供の頃から、赤ら顔に悩んでいました。ほっぺたが真っ赤になるので、「初めて会う人には「顔赤いよ、大丈夫?」なんて聞かれることもしばしば。

 

色白なので、赤くなると特に目立つんですよね。
子供の頃は可愛げもあったかもしれませんが、大人になった今は恥ずかしくてたまりません(*_*)

顔が赤い女性

 

お酒を飲んでも無いのに「酔ってるの?」「イヤイヤ…。」って何回やり取りしたことか。確かにお酒飲んだ時も真っ赤になるけど、昼間っから飲むわけないでしょ!もううんざりです。。。

 

そして、どうにか治すことが出来ないのかと思い、皮膚科で診てもらったんです。
赤ら顔になる原因はいくつかあるみたいなんですが、私の場合は普通の人よりかも肌の皮膚が薄くて顔の毛細血管が出やすいみたいです。

 

要は、肌が薄いので血液が透けて見えてしまうから赤くなってしまうみたいです。
それに、肌が薄い分、刺激を受けやすくなり赤みが増していく事もあるそうです。

 

じゃあ、どうやって治せばいいの?皮膚を厚くするなんて絶対に無理だし…(-_-;)

 

皮膚科の先生からは、日頃からお肌の手入れをしっかりしておくことが大事といわれました。

 

正しいはだけケアを行う事によって、顔の赤みの徐々に薄くなってくるとの事だったので、それからは毎日しっかりとケアするようにしています。

 

ビタミンK

先生には、ビタミンKが配合された化粧水やクリームを塗っておくのがいいと勧められました。ビタミンKは肌の結構を促進して毛細血管の赤みを減らしていく効果があるみたいなんです。

 

また、赤みだけでなく、目元のクマを消す効果もあるらしいです。ビタミンCやBなんかは体にイイってよく聞くんですが、ビタミンKもかなりの優れものですね。ニキビもビタミンで予防できるし、肌にとって「ビタミン」最強ですね(笑)

 

そこで、赤ら顔に効果がありそうなビタミンKクリームを購入して試してみました(^^)/

 

SKIN&LABのビタミンKクリーム

私が購入したのは、SKIN&LABから販売されている「ビタKレッドX」といったビタミンKクリームです。

 

ドラッグストアなど市販でもいくつか違う商品が販売されていたんですが、こちらのSKIN&LABのビタミンKクリームは、皮膚科専門医の先生が開発したクリームで、市販の物と比べると肌に優しい低刺激タイプとなっています。

ビタミンKクリーム

 

お医者さんが開発しているので、効果も期待できますし安心感も増しますよね。市販タイプの物は、刺激が強くて後々肌が荒れやすい物もあるので、怖くて使えません。。。
過去に一度失敗した事があるし(*_*)

 

気になる効果なんですが、徐々に赤みも薄くなってきていますよ。この徐々に薄くなってきているというのが、ポイントですね。低刺激でゆっくりと浸透していくって感じで肌に優しい、って思えます。

 

どうしても「即効性がある方がいい!」と感じてしまいますが、即効性があるタイプはそれだけ刺激が強いので悪化してしまう可能性がありますからね。

 

赤ら顔や目元のクマ・赤い炎症後など肌で悩んでいる方は試してみるといいですよ。

 

≫SKIN&LABのビタミンKクリーム 公式サイトへ

 

 

ビタミンKクリームで目元の青クマ改善

目元のクマには
・青くま
・茶くま
・黒くま
といわれる、3つの種類があるのご存知ですか?

目元のクマ

 

各クマによって、原因が違うんですが、特に出来やすいのが青クマです。寝不足やストレス・冷えなどの血行不良が原因で毛細血管がうっ血を起こし、青黒くなってクマとして出てくるんです。

 

疲れなど様々な状況で出来てしまうので、なかなかクマが消えないという事もありますよね。青クマは見た目も悪く、不健康そのもの。クマはメイクでも隠しづらいですからね(*_*)

 

いつまでもクマと付き合っていくわけにいきません!

 

このような青クマが出来た時にも、ビタミンKクリームは効果があるんです。ビタミンKは、うっ血した毛細血管を修復して血行を促進する効果があります。

 

そもそも青クマは血行不良が原因で出来るものなので、血行をを良くするためにもビタミンKを取入れるのがお勧めです。

 

ビタミンKクリームを塗りながら、目元のマッサージやツボ押しをしてあげると、なおさら治りやすくなりますよ(^^♪